癒しのコツ~茶と骨~

天照

作詞作曲編曲 骨雄


あなたが泣いている 私と同じ雨の中で
あなたが祈っている 同じモノを守ろうとして


笑顔を笑顔で隠す 何故? 自分で自分を汚す 何故?
何も知らずに人が人を傷つけて 償うことも気づけない 何故?


夢を追う覚悟 恋に落ちる心 何一つ望まないものと戦って
「あなたが幸せならいいよ」と言葉を選び誰かの為に泣くの?


いつの日か歩き疲れて 心一つ失くして生きる路へ入るかもしれない
"名前すら持たない小さな幸せ"を欲しかった それだけなのに・・・
夢のような時の思い出に縋る夜 少しだけ微笑って眠りに落ちる
抱えている痛みを分かり合えるのなら 何度でも朝を待とう


「人を傷つける貴方は間違ってる」
「あなたが居なくても生きていける」
「ヒトハヒトリデハイキテイケナイ」
皆真実 皆嘘


孤独の咳をして 色のない涙で蹲るあなたを抱き締めたい
あなたの弱さをあなたが責めるだけでは もう前には進めない


あてのない哀しみに濡れたlove letter 今もまだこの胸に抱き続けている
届くことはないと 伝わることはないと 消せないと知っているから
神様の声はどこまで薄れていくの?
優しさも温もりも捨てて去れというの?
怒りの苦しみも 孤独の痛みでさえも 失くすわけにはいかない


救えない 報われない 何度忘れることにした?
足跡も残さずに別れを告げる日々
信じている 信じている 信じている
  愛すること それは間違いではないと


果てしない遠くで泣いている声がする 胸を締め付けるほど小さな声で
差し伸べる手もなく 夢見ることも叶わず ふるえている 泣き続けている
神様の声はどこまで薄れていくの?生き方も許し方も見失ってしまう
それでも愛したい 愛し続けていたい 天照らす光のように

ずっと忘れないでいて 暖かい柔らかな命を
せめて忘れないでいて あなたのその手を待っている