癒しのコツ~茶と骨~

2009年 8/21 無我の境地

8月11日。静岡県を震度6レベルの地震が襲いました。皆さんご存知の通りでしょうが、報道されている通りとてつもない揺れでした。

しかしながら、その後も静岡では小さな地震が何度も起きており、静岡県民が気の張り詰めた日々を送っているということはあまり知られていません。

(地震中:ドドドドド!)

うおぅっ!!また地震か。

このところ静岡では震度2~4の地震が頻繁に起こっていて静岡に住んでいるボクは気が休まりません。昔は震度4でも寝ていられたのですが、いまでは震度2でもビクッとして起きてしまいます。先の震度6レベルの地震の恐怖が心に刻まれてしまったかのようです。

心のどこかで地震に怯えたまま寝床につく日々を送っているせいか、なんだかあまり眠れてないみたいで疲れも取れないんですよ。

(地震中:ドドドドド!)

うおぅっ!!また地震。

ホントにもう勘弁して欲しいですよ。

でも寝ている時に地震が来ているのはまだ不幸中の幸いかもしれませんね。もしトイレにいる時に地震に見舞われたらと思うとゾッとします。

しかし・・・その「もし」が現実になる日がやってきました。

そう・・・トイレで地震に見舞われたのです。

何度もやってくる地震に極限まで気力・体力を削られた末に、トイレでお尻出して座っている状態で震度4の地震に見舞われたその時!ボクは!!なんと!!!

ふんわりとした気持ちになりました。
(こんな感じです↓)

無我の境地

こういうのって、無我の境地っていうんですかねぇ。

茶番の窓その10