癒しのコツ~茶と骨~

2018 1/4 あけまして9周年!

ボクは転職した新しい職場に通勤する時、転職前の職場のすぐ近くの道を通ります。一番近道の通勤ルートなので、わざわざ道を変える気もありません。

途中のコンビニとかで前の職場の同僚と会ってしまうことがあるのですが、同僚曰く、どうやら前の会社は業績好調らしいのです。ボクが絶対に潰れる!と思って辞めた職場が、息を吹き返すとは・・・わからないものです。

グーグルで「駄目な社長」「駄目な職場」と検索すると8割以上の項目に当てはまる有様のブラック会社が持ち直すとは・・・いやブラックだからこそしぶといのかな。まあ世の中そんなものなかもしれない。

職場にて

ようやく一つの仕事に慣れたと思ったら、次の仕事を覚えることに。自分としては新しい事にチャレンジさせてもらえるのは有難いので文句は言いません。

ただ明らかに難易度が上がっている。今回新たに取り組ませてもらう仕事は凄い難しい!会社の費用で何十万もする講習に行ったというのに正直意味が分からない。

このままでは会社のお偉いさん方に睨まれてしまう!と終業時間後に職場や家で必死でコソ練してます。周囲のサポートもあってようやく意味がわかってきた。

そして新しい会社に転職してから、社内のいろんなところに行ってますが、ここにもトラックから荷受けをする場があります。

というわけで、新しい職場で新しく出会うトラック運転手との会話

こんにちは。お届けモノです。こちらの書類にサインをお願いします。

はい、確認しました。
(サインをするボク)

ありがとうございます。

最近ニュースで運送会社の現場が、かなりヤバイみたいに聞くけれど、どうなの?あのテのニュースって当たってるのかな?

まあ、当たらずとも遠からずって感じですかね。

荷台の荷物の量凄いね。あれ全部今日中に届けるの?もう夕方になるよ!?あの量を今日中にっていうのはキツくないか?
(トラックの荷台の中を除いて驚くボク)

自分一人でやるわけではないんですよ。夜になったら違う人と交代します。

ああ、夜勤と交代するんだ。そうだろうね。

どうですか?ウチで働きません?人手足りないんで。

いえいえ、結構ですよ(笑)お疲れ様、気を付けてね。

はい。ありがとうございます。

ニュースでやっている通り、運送会社の現場は確かにキツイそうです。

あけましておめでとうございます。どうも骨雄です。

もう真冬に入ったのでサーフィンはお休み中。でも本気のサーファーは一年中やっているようです。身体に保温用のジェルを塗り、厚めの生地のウェットスーツを着て真冬の海でサーフィンしています。寒さで身体の感覚なんて感じないだろうに、本物のサーファーにはそんな事どうでもいいみたいですね。

でも基本、生粋のサーファー以外はこの寒さの中でサーフィンをすることはないです。冬になるとサーファーからスノーボーダーに変身する人達が多いので、彼らの車はスタッドレスタイヤに変わったり、スノボーを載せられるように車の天井にいろんなもの取り付けたり、とライフスタイルも車も大きく変わります。

決して自分の事を言うのではないのですが、サーフィンをしている人には優れたビジネスマンが多いと聞きます。実際今まで出会ったサーファーの事を思うと確かに当たってる気がしなくもないですし、海に入った後って頭の中が物凄くスッキリしていろんな事に集中できるんです。

彼ら優秀なビジネスマンの中には平日であろうと、早朝に海でサーフィンしてから、出社して仕事をするなんて猛者がいます。絶対に眠くて仕事にならなくなるだろう、と思うのですが。優れたビジネスマンには眠気なんて関係ないのかもしれない。

サーファーには優れたビジネスマンが多いのなら、秋本康もサーフィンしているのかもしれない。あのビジネスの嗅覚は本当に凄い。

AKBグループがここまで大きくなると一体誰が予想したでしょう。総選挙に関しては第一回の総投票数が4000だったのに今では300万にまで膨れ上がっています。

今や世界中にAKBグループが出来上がりつつります。仮に秋本康が手を引いてもAKBグループは拡大し続けるような気がする。

今後世界の変革は「仮想通貨」「ブロックチェーン」「AKB」によって進められていくのかもしれない。

目まぐるしく変わる世界の中で、地に足を付けた癒しの日々を送るべく、「癒しのコツ」9周年突破!今年は静岡中のお茶屋を探索し、更には県外へもお茶屋探しに出かけようと思っています。まだまだ道は長い!癒しを探す旅は続く!

茶番の窓その96