癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
骨 続・茶道のコツ
読 読書のコツ
音 音楽のコツ
食 食のコツ
食 続・食のコツ

その三、和風ラーメン(富士見そば)

今回紹介するのは外食です。 それもごく限られた場所でしか食べれない地域限定グルメ。

超低価格でありながら超美味い!まさに奇跡の一品です!

静岡駅の富士見そばのラーメン 静岡駅ホームにある立ち食い蕎麦屋「富士見そば」の和風ラーメンです!

立ち食い蕎麦の「富士見そば」と聞けば当然かけそばなどを注文するべきと思うかもしれませんが、ここの和風ラーメンがまた美味しいのです!! (当然蕎麦もうまいですけど)

静岡駅の富士見そばその1 350円という値段でこの美味しさは見事としか言いようがありません。
(値段は時々変わることがあるみたいです)
あっさりとしている和風ダシの利いたスープは病み付きになり毎日でも食べたいくらい!

静岡駅の富士見そばその2 みなさん、静岡駅に来た際には是非ホーム(上りのホーム、下りのホームの両方にあります)にある「富士見そば」の和風ラーメンを食べてみてください。ウ○ギパイなんて食べてる場合じゃありませんよ!

以下、追記。

それから月日は経ち・・・仕事を辞めたボク。

辞めた理由としては、いずれ茶番の方で書くとして、有給消化中にいろいろな所に行ってきました。そして再び静岡に帰る新幹線の中です。これから一度やってみたかった事をしようと思います。

一般の方々は額に汗して一生懸命働いている、まだ残暑も厳しい中。ボクはそんな彼らを眺めながらエアコンの利いた涼しい空間で真昼間からお寿司とビール頂く。駅弁というだけで旨いに決まっているのに・・・この悪魔的シチュエーション。

モグモグ。
(程良い酸味と旨味が調和した寿司を頬張るボク))

グビぃっ!!
(キンキンに冷えたビールを喉に流し込むボク)

っくぅぅ~っはぁ・・・。
(幸せに痺れるボク)

そして静岡駅に到着。

さて、シメで頂くとするか。

あれ、350円から450円に値上げしている!?

まあいいや。ああ、やっぱり旨いね。

百円程度値上げしてしまいましたが、これは原価のコスト増なのか、それとも人手不足からなる賃金アップのコスト増なのか。一度会社という組織から離れて世の中を俯瞰してみると、いろんな事に気付きます。

人生でいつ訪れるか分からない、つかの間の休息期間。そんな時にこそ、安くて美味い癒しに触れて欲しいものです。

窓の風景その3