癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
骨 続・茶道のコツ
読 読書のコツ
音 音楽のコツ
食 食のコツ
食 続・食のコツ

その十四、赤いきつねと緑のたぬき(マルちゃん)

赤いきつねと緑のたぬき 日本の名食
「赤いきつね」と「緑のたぬき」です!

緑のたぬきその1 まずは「緑のたぬき」からいきましょう。

緑のたぬきその2 もうすでにいい香り。

緑のたぬきその3 カップ麺なのに、なんて豊かなダシ!
ボクは今までに50食以上はコレを食べています。

緑のたぬきその4 サクサクのかき揚げ・・・スープに浸して食べても美味い!

緑のたぬきその5 完食。

赤いきつねその1 続いて赤いきつねにいきます。

赤いきつねその2 お湯を注いだ瞬間部屋中に出しの香りが充満する♪

赤いきつねその3 この値段でこんなに美味しくていいのか♪

赤いきつねその4 ・・・。

赤いきつねその5 満たされる・・・。

スープを飲まずに残しておいて、雑炊にしてみても美味しいですよ。

焼酎を飲んだ後にコレでシメるのがボクのささやかな癒しなのです。どうせならボクの好きな酒も紹介しちゃいましょう。

ふなぐち菊水一番しぼり 「ふなぐち菊水一番しぼり」
基本お酒というのは紫外線に弱いのでコンビニの瓶に詰められた日本酒とかはあまり買うべきではないと思います。買うならば缶か紙パックがお勧めです。若干度数高めですが安くて酔えます。

真夜中の寝る前、「なんとなく感じる後ろめたい気持ち」とかを酒の肴にしてこの焼酎を飲んで、最期にシメにこのカップ麺を食べるのです。お酒を飲むと何故かお腹が減りますよね。

歯を磨いてから泥のように眠りにつきましょう。若干身体には良くないかもしれませんが、癒されます。

窓の風景その14