癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
読 読書のコツ
音 音楽のコツ
食 食のコツ
食 続・食のコツ

骨雄によるお気に入り茶葉の紹介

過去に「癒しのコツ~茶と骨~」では、ボクの独断と偏見による何十種類もの日本茶レビューをしていたのですが、茶葉というものは結構時期によって種類が入れ替わってしまうことが頻繁にあるようなのです。

なのでボクとしては日本茶レビューが追いつかず、日本茶紹介のコーナーを作り上げることは断念せざるを得なかったのです。

しかし、いろんな方々から「日本茶の種類が多すぎて何を飲んだらいいかわからない」という相談を受けたりもしまして・・・

茶葉紹介コーナーを再開して欲しいという要望もいただくようになりましたので、考えた末・・・ボクのお気に入りの茶葉のみを細々と紹介してみようと思います。

基本的にボクは自分で飲んでいる日本茶の多くをイオンか竹茗堂で購入しているのでちょっと種類が偏りますけど、そこはボクの住んでいる場所とか地理的な問題もありますのでご勘弁ください。

というわけで・・・

ボクが行きつけのイオントップバリュー、そして竹茗堂よりボクのお気に入り茶葉を一品ずつ紹介させていただきます。

やぶきた煎茶 まずはトップバリューより「やぶきた煎茶(鹿児島)」 部屋全体を包み込んでしまいそうなくらい豊かな香りに、深いコクがあります。

茶千両茶万両 そして竹茗堂より「茶千両茶万両(静岡)」
とても柔らかい口当たりに甘味のある日本茶です。
ほわ~っとして良い感じです。

住んでいる所が静岡であるボクは静岡茶ばかり飲んでいたせいか、鹿児島茶がとても珍しく感じ、最近は鹿児島茶をよく飲んでいます。

静岡茶と鹿児島茶の違いをボクなりにあげてみるとすれば・・・

静岡茶は飲むと鼻腔の奥を柔らかくくすぐるような感じがして、若干淡い感じの風味がするのではないかと思います。

そして鹿児島茶は香りが鼻を鮮烈に抜けていくようで、コクが強いような風味がします。

ちなみに最近は国太楼というメーカーに注目しています。

国太楼の日本茶 最近何気なく一つ購入してみたのですが、宇治抹茶の風味がとてもいい感じ♪
安くて美味しくて量も多い。「素晴らしい」の一言に尽きます。

茶道の旅は続く。

窓の風景その1
骨 茶道のコツ
読 読書のコツ
音 音楽のコツ
食 食のコツ
食 続・食のコツ