癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
読 読書のコツ
音 音楽のコツ
食 食のコツ
食 続・食のコツ

その二十、静岡お茶屋紀行~茶菓きみくらカフェ~

静岡県掛川市板沢510-3にある「茶菓きみくら」

店の佇まいからしてもう別格な雰囲気。これぞ和のお茶屋。

~茶園からお客様のもとへ~というコンセプトの通り、掛川自社工場である丸山製茶直売所で生産したお茶を使用した茶菓きみくら。カジュアルに日本茶を楽しめるお茶専門カフェです。

新聞などの様々なメディアにも紹介されている。静岡の有名なお茶屋カフェの一つ。店内は木の香りと温もりが感じられ、ゆったりとした空間になっています。

掛川茶の本格的な煎茶や抹茶ラテ、炭酸ジュース入り茶など約20種類の多彩な日本茶ドリンクなどメニューは豊富。もちろんお茶もしっかりと品揃えで売っています。店内の雰囲気からして素晴らしい。

ホームページにもある通り、お茶関係のメニューはもちろん、パフェも大人気。休日にはもう開店と同時にほぼ満席になる圧倒的人気のお茶専門カフェ。

平日であれば大丈夫なのか?と思った方。残念。平日は学生に占拠されます。

店のすぐ側には自然があります。ボクもいろんなお茶屋を知っていますが、ここまで自然と一体化したお洒落なお茶屋カフェというのはそうあるものではありません。

そして姉妹店となるのは、静岡県掛川市大池2242-1にある「KIMIKURA CAFE」。こちらは掛川大池公園内にあるので、店内でくつろいだりはもちろん、テイクアウトで抹茶ドリンク片手に周辺を散策したりすることもできます。

抹茶コルネとか、美味い♪

静岡に来たら是非寄っていただきたいお茶屋カフェ名店の一つです。

静岡人にとってお茶とはわざわざ外で飲むものではなく、家で自分で淹れて飲む物。そんな静岡人の心をお茶で掴むとなると、それはもう並大抵の店では務まりません。

静岡でお茶屋カフェを開くというのは東京の高田馬場でラーメン店を開くのと同じようなものです。こういった店の雰囲気作りから品質まで全てに気を配らなければ、静岡でお茶屋カフェなど開けないのです。

ちなみにボクが家でお茶を淹れる時に、お供にする茶菓はコレ。三幸製菓の丸大豆煎餅。今まで食べてきた全煎餅の中で一番おいしいと思います。冗談じゃなく本気でコレ、永遠に食べ続けられます。少なくとも50枚は絶対イケる。

ふぅ・・・。茶屋巡りの旅。先は長い。まだまだ旅は続く。

窓の風景その20