癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
骨 続・茶道のコツ
読 読書のコツ
音 音楽のコツ
食 食のコツ
食 続・食のコツ

その二十三、Blendystick(AGF)デミタスコーヒー(DyDo)

ボク自身は基本的に日本茶を飲むのですが、決して日本茶だけ飲むというわけではありません。「癒しのコツ~茶と骨~」はあくまでも癒しを探求するサイトですから。

なので日本茶派やコーヒー派などといった無粋な派閥分けなどはしません。癒しを得られるのであれば「良いモノは良い」の精神で日本茶以外も何でも飲みます。

しかしながらボクはコーヒーはほとんど詳しくないです。というかモロ初心者。

そんなコーヒー初心者のボクが最近ハマっているのが・・・

Blendystick Blendystick(AGF)♪

コーヒーっていうかカフェオレ・・・かな。正直コーヒーとカフェオレの違いもよく分かりませんが、そこら辺はボクにとってはどうでもいいことです。

Blendystickその2 まずは粉末を湯呑に淹れます。本当は湯呑ではなくカップにいれるべきなんでしょうけれど、面倒くさいのでボクは日本茶もコーヒーも1つの湯呑を兼用します。

ちなみにこの湯呑の画像は1杯目を飲み干した後の2杯目を淹れるところなので1杯目の跡が縁や内部にうっすらと茶色い感じに残っていますが、汚れじゃないですよ。ボクは結構キレイ好きな方です。

Blendystickその3 熱湯を注ぎます。

Blendystickその4 身近にあるモノで手早くかき混ぜます。ボクの場合は割り箸です。

Blendystickその5 出来上がり。

い~ぃ香り♪

Blendystickその5 さて・・・ゴクッ。

ふわっ・・・とします♪

このようなコーヒーの粉末スティックは沢山の種類が販売されているので、どれを買ったらよいかわからないという方は、とりあえず画像の真ん中の緑色のBlendystickなんかが無難だと思います。程よく甘く、安価で美味しい♪

デミタス ちなみにボクが缶コーヒーで一番好きなのは、このデミタスコーヒー(DYDO)。多々ある缶コーヒーの中では結構な古株なんです。

「深さきわまる」の謳い文句の通り、今まで飲んできた缶コーヒーの中で一番深くコクがあり美味しいと感じました。

しかし缶コーヒーってどうしてこんなにも量が少ないんだろうなぁ・・・。一般的に缶コーヒーの内容量は150ML。お茶や炭酸飲料ならば350ML。同じ値段でこの量の差はかなり大きい。

純粋にコーヒーが飲みたいっていう人は缶コーヒーを買うでしょうけれど、喉が渇いたっていう人は、この量の少なさではきっと缶コーヒーは買わないんじゃないかな。カフェインが欲しいのであれば別ですが。

まあ、それはそれで一つの差別化としてアリなのかもしれない・・・コーヒーっていうのは、たかが百円ぽっちでも贅沢な買い物をしてしまった気がする感がある不思議な飲み物です。

窓の風景その23