癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
骨 続・茶道のコツ
読 読書のコツ
音 音楽のコツ
食 食のコツ
食 続・食のコツ

その三十、「Cheeza」「CRATZ」(グリコ)

「Cheeza」(グリコ) 「Cheeza」チェダーチーズ味(グリコ

チェダーチーズ味。グリコ独自のハイチーズ製法。たっぷりと生チーズを練り込んだ記事をカリカリになるまで焼き上げた一品です。生チーズの濃厚で上質な旨みを、ゆったりとプレミアムな気分でお楽しみいただけます。

「Cheeza」(グリコ) ちなみに中身はこんな感じになっています。

「Cheeza」(グリコ) 「Cheeza」カマンベールチーズ味。

一番最初に紹介したCheezaは確かにチェダーチーズの風味がします。そしてこれも確かにカマンベールの風味がします。しっかりとこの二通りのチーズの味を分けるとは、さすがは大企業グリコ。視点が素晴らしい。

「Cheeza」(グリコ) 「surumeeza」スルメーザ。

超濃厚スルメ味スルメーザ。物凄いインパクト。ヤバいくらいにスルメです。本当にスルメ以外でここまで濃厚なスルメ味は食べたことないです。むしろスルメを食べるよりも遥かにスルメの味が強く感じます。若干クセがあるのでスルメがあまり好きではないという方は避けた方がいいかもしれません。

「Cheeza」(グリコ) 「Ebeeza」エビーザ

超濃厚エビ味エビーザ。これもまたヤバいくらいに海老です。咽そうなくらいに海老、海老、海老。本物の海老を食べてもこれほどの海老味を感じることはない。煮たらいいダシが取れるんじゃないかと思わせられるほどです。

「Cheeza」(グリコ) 「Avocadooza」アボカドーザ

アボカドにワサビの効いた珍味アボカドーザ。このシリーズはどれも味が全く似通っていない、にも関わらず名前の形状からしっかりとシリーズ作品であることも印象付ける。どれか一つにでも好みが引っ掛かれば、あっというまに他のシリーズ作品にも囲い込まれてしまう。さすがこのシリーズはグリコの中でも大きなヒット作品であるだけのことはあります。

「Cheeza」(グリコ) 「CRATZ」ペッパーベーコン味。

スパイシーで歯応えも絶妙♪ナッツが入っていて味に飽きがこないのも嬉しい。「CRATZ」はもともと上記の「Cheeza」シリーズの前に製作されヒットした酒の肴シリーズだそうです。

酒のお供として大ヒットしたものの、この「CRATZ」以外には酒に合う肴がないという市場の声がきっかけになり「Cheeza」シリーズが作られたと言われています。食べてみると確かにとても良い酒のお供になります。

「Cheeza」(グリコ) 「CRATZ」鶏の唐揚げ味。

この香りは確かに鶏の唐揚げだ、見事な味のチョイス♪あくまでもこれらのシリーズは酒の肴なのでお腹一杯食べることは止めましょう。喰い続けていたらさすがに体に悪いでしょうし、あくまでお酒の味を引き立てる為のお菓子ですよ。中毒性が強いので注意しましょう。健康第一♪

「Cheeza」(グリコ) といいつつドライスーパーエクストラシャープ超辛口を飲みまくり食べまくるボク。いやぁ・・・超辛口って・・・なんて斬新な切り口の飲み物なんだろう。

旨い・・・旨過ぎる♪とろけそうだ・・・労働で火照った体にキンキンに冷えたビール。悪魔的だ♪
(ざわざわ・・・ざわざわ・・・何のことかわからない人はyoutubeで「カイジ」「ビール」と検索してみてね)

このドライスーパーエクストラシャープは本来期間限定だったのですが、人気があり再発売がされております。実際これは確かに旨い!この写真のは古いパッケージのものですが、新しいパッケージのものは、より鮮やかで惹きつけられるようなデザインになっております。

きっとパッケージデザイン一つとってもいろいろ考えているんだろうなぁ・・・やはり大企業は凄い。

窓の風景その59