癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
骨 続・茶道のコツ
骨 続々・茶道のコツ

その二十七、静岡お茶屋紀行~「いしだ茶屋」「おさだ苑」~

いしだ茶屋 静岡県周智郡森町森1525ー1いしだ茶屋

この辺りはホントにお茶屋が多いな。

あたたかみのあるメニュー表だね。夏はかき氷が多い。どこもほうじ茶とか緑茶や抹茶を使用して作っている。冷やしぜんざいを頼むことにします。

店内は心和らぐ空間だ。癒される。地元密着な感じがいいね。沢山の子供達がお茶に触れているように感じる。お茶を飲みながら眺めるには、また粋な景色だ。

注文した冷やしぜんざい。美味い。

ふぅ~。どれ何か良い茶葉があれば、買っていこう。って世界緑茶コンテスト?やばくないか、コレ。初めて見たぞ。

これは凄いことだ。買っていこう。さすがお茶の街。まだまだ沢山のお茶屋がある。もっと沢山探索しよう!

なんと道路を挟んだ真正面にもう一軒お茶屋が!

おさだ苑 静岡県周智郡森町森1522-1 おさだ苑

凄い、普通コンビニでもこんなに近くにないぞ。ライバル店としてお互い意識しているのだろうか。駐車場からお互いの店舗がまる見え!凄い光景だ!

たった今、いしだ茶屋で食べたばかりで、ちょっとお腹一杯だけれど、行ってみよう。佇まいはかなり、凝っているな、気配りと計算を感じる。

お洒落で和風なスペースもあるし一生懸命考えているような印象を受ける。お茶愛を外側に強くアピールしているように感じる。

凄い、表彰状だらけ。っていうか最近どの茶屋にいっても表彰状があるので若干見慣れてきてしまった。基本表彰されているくらいでなければ、静岡で茶屋が生き残るっていうのは出来ないのかもしれないな。

東京都知事、小池百合子。トロフィーだ・・・。

そしてなんと!!ゆずのくずきりとほうじ茶と緑茶の三点がサービスで出てきました!

店内にもまた凝ったいい感じのイートインスペースがあるのでそこで頂きました。うまい!

お茶屋でありながら液晶パネルを使用した店内装飾なんてなかなか見たことないよ。今まで見てきたどのお茶屋のディスプレイのレイアウトよりも美しいと感じました。店主の本気度が伺える。

更にこの店ネット方面でも力をいれているようで、ツイッターもやっています。メディアを駆使している!この茶屋。今まで知らなかったのが悔やまれる!!

一か所で二つの店が楽しめる。真向かいには、先ほど行ったばかりのいしだ茶屋が。相乗効果で両方とも、もっともっと良い店になって欲しい。

道路を隔てて隣り合った二つの茶処。楽しい喜びと癒しに挟まれてお茶を味わった。この次は何処に行こう。癒しと茶を求める旅は続く。

窓の風景その26