癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
骨 続・茶道のコツ
読 読書のコツ
音 音楽のコツ
食 食のコツ
食 続・食のコツ

その三十五、静岡お茶屋紀行~佐藤園~

佐藤園 静岡県静岡市葵区大原1057
佐藤園

佐藤園は、東京から西へ約150キロの静岡県静岡市本山(ほんやま)地区に、自社茶園と工場を保有しています。
この地は、およそ800年前に、中国に渡った僧侶、聖一国師が茶種を持ち帰り、植えたという静岡茶発祥の地とされています。 また、この地はダージリンやアッサムなどの世界の銘茶産地と同様に
1. 標高が高い山間にある。
2. 朝夕の寒暖差が大きい。
3. 美しい川が流れ、霧がかかる。
という茶栽培に最適な環境が整っています。

お茶はストレスがかかるほどに、アミノ酸などの養分を樹内に蓄積するため、厳しい環境下では、とくに「香り」の高い茶葉が収穫できます。 それは、本山が古くは徳川家康公への献上茶として、現代では日本で最も権威のある緑茶コンテストの全国茶品評会において、味、香り、色のすべてにおいて日本一の茶産地として選ばれたことでも証明されています。
~佐藤園のホームページより~

カフェと道路を挟んですぐ側にある壮大な製茶工場。広大な本山に茶畑を持ち、製茶工場を構える佐藤園。その佐藤園は最近通販にも力を入れながら、更にお茶カフェも展開しております。

この大規模な茶栽培から収穫、製茶、仕上げ、販売まですべて手がける「メーカー」の開いた茶カフェとあれば、行かないわけにはいきません。

カフェメニュー。写真を撮るのが遅れた為、終了時間の札が貼られています。営業中はこのような札は、もちろん貼られておりません。

今回ボクは、温かいほうじ茶ラテと抹茶パフェを注文しました。抹茶パフェ。笑うほど美味いな、コレ。さすが佐藤園直営店。すぐ側にある製茶工場の壮大さはダテではない。

製茶工場から直売の茶葉の販売はもちろんのこと、試飲もできます。これは嬉しい。

はぁ~美味かった、さて帰るか・・・ん?なんだ。

佐藤園その2 怪しい雰囲気の二階。お茶のカフェ・・・なのか?

よろしければどうぞ。まったく同じ会社なのでケンカせずやってますよ(笑)。

あ、そうなの?じゃあ上がってみますね。

佐藤園その3 おお、なんてお洒落な、まるでダーツバーのようだ。知らなかった、こんないいところがあるなんて。写真撮っていいですか?

どうぞバンバン撮りまくってください(笑)。まだオープンしたばかりなんですよ。

佐藤園その4 賑わうでしょ。お酒とか出すの?ああ、でも、ここで酒出すと、車は代行しかないのかな。

そうなんです、立地的に・・・なのでお酒は出す予定は今のところないです。

バスとかは、どうなの?

本数が無いんです。

もったいない。本当にいいとこなのに。

ありがとうございます。

佐藤園その5 でもなんで入口の電光看板がピンクなの。あれ、怪しい雰囲気出しちゃってるから、店員さんに声かけてもらえなかったらボクは2階には上がらなかったかもしれませんよ。

あの電飾はニューヨークの、とあるお茶屋を真似てみたんです。ここはコンセントも自由に使えますし、WIFIも使用できますので、ビジネスマンの方が利用されることが多いですよ、あとは眠られる方も、たまに。

ベンチで?
(浮浪者みたいな画になるぞ、オイ)

いえ、ソファーで。

あ、ソファーで。
(そうだよね、カフェにベンチ置いてそこに人が寝てるようなカフェはヤバイもんな)

下の階で注文したモノを上で召し上がることもできます。あと、この抹茶ピンスは、ここにある機械でしか作れない逸品なので、是非召し上がっていただきたいです。

佐藤園その6 抹茶ピンス!?食べてみたいな。さっき下で抹茶パフェ食べてきましたけれど、笑っちゃうくらい美味かったですよ。やっぱりすぐ側にある製茶工場直営というだけありますね。

ありがとうございます。お茶はデリケートなんですよ、抹茶もすぐに色が変わってしまうから、沢山作り置きとかも出来ないので、ちょっと作るのにお客様をお待たせすることもありますけど、品質は自信があります。

おお、こだわりが素晴らしい♪最近、お茶業界ってどうなの?厳しいのかな?

そうですね。若い方なんかは、もう急須を持っていないという方が増えてきてしまっているようですし、頑張ってお茶を広めていかないといけないな、と思っています。このカフェも今はまだ、口コミとかを中心に広めていっているところでして、これから盛り立てて有名にしていこうと思っています。

この店は、まだネットとかで宣伝はあまりしていないですよね?でなければボクは知っていたはずです、こんないい店。

有難うございます。そうなんです、ネットでの宣伝はまだまだこれからです。今はお客様のSNSなどの口コミが頼りで。お客様はお茶が好きなんですね。

もちろんです。適温で淹れた玉露とか最高…あの味はもうヤバイですよね。

ええ、飲み物とはいえない程の味ですね。

えっと、お客様はサイトを開設されてるんですよね。なんてサイトですか?

えっ。

何と答えようか、次の3つから選びなさい

→~次の3つから選びなさい~

1.嘘をついて適当なサイトを教える。

2.癒しのコツを教える。

3.実は仕事がつまらなくて・・・と愚痴を吐いてお茶を濁す。

・・・。

→3.実は仕事がつまらなくて・・・と愚痴を吐いてお茶を濁す。

を選んだ。

実は仕事がつまらなくて・・・

・・・。

骨雄はお茶を濁した。

・・・。

選んだ選択は正しかったのだろうか・・・。

しっかりと佐藤園の茶葉も購入。店員さんがサービスで抹茶チョコレートに抹茶ラテの割引券までくれました。

ドライブの途中に辿り着いた山間にある製茶工場直営のお茶カフェ。綺麗な店員さんとの会話も楽しみ、お茶を巡る旅は彩を増す。まだまだ続く。

窓の風景その37