癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
骨 続・茶道のコツ
骨 続々・茶道のコツ

その四十、ここらでひと息~静岡の日本茶カフェ巡り~

美味しい日本茶を味わって癒されよう。そして本当に良いモノが消費者に届く世の中になって欲しい。これがこの「癒しのコツ」のコンセプトの柱になります。

というわけでずっと前から陰で進行していた企画~日本茶の国、静岡の日本茶カフェ巡り~を本格的にやっています。このまま行けば、春には静岡にある日本茶カフェの店は全て網羅出来るのかな、と思います。

もちろん、どの店も何度も行ってしっかりと味わい尽くし癒され尽くしたいですし、いずれは店の方のインタビューなんかもとってみたいです。

現在茶室で紹介している日本茶屋は・・・

清水邸
竹丸カフェ
茶菓きみくらカフェ
サングラム
お茶のさすき園
玉露の里
茶の都ミュージアム
ななや
太田茶店
「いしだ茶屋」「おさだ苑」
朝日園
「いっぷく茶屋ひぐらし」「東山いっぷく処」
小柳津製茶雅松庵
茶町KINZABURO
「CHA10」「chagama」
佐藤園
T's green
茶の芽
「chagamanight」「よっ茶漬け」
GREEN ∞ CAFE(グリーンエイトカフェ)

シンガポールを除けば、20店舗くらい。。多いのか少ないのか分からない微妙な数です。もっと頑張らないと。

自分は静岡県外の人から、静岡の案内を頼まれることがあるのですが、その際に連れて行くのがお茶屋二件、そして最後に炭焼きレストランさわやかでシメとなります。このコースで満足しない連中はいません。

こういう企画をしていたおかげか、静岡の仕事人というサイトからリンクを張っていただき紹介してもらうことが出来ました。お互い静岡のいいところを広めていこうよ、という考えでサイトを運営しているのですが、この「静岡の仕事人」のサイトコーディングが半端ない。趣味でやっている癒しのコツとはレベルが違います。

ボクは愛する日本茶にのみ焦点を絞って、地道にコツコツとやっていこうと思っています。どうすれば日本茶がもっと大きなブームを起こせるか突きつめる。それだけです。

日本茶の本当の味というのは、特に玉露を適温で淹れたあの味はもはや、ダシのようなもの。飲み物というレベルですらない純粋な「旨味」なのです。あの味を知っていただければ、きっと日本茶はもっと一気にメジャーの階段をかけあがるはず、日本茶の可能性を信じて頑張るのみです。

そしてもうひとつ、ボク転職しました。まさかの再転職。

前回の転職でもう二度と繰り返すような事はないだろうと思っていたのですが、また転職してしまいました。理由としては、一言では言えません。ただ、やりがいだけではモチベーションを保つことが出来なくなるんだな、というのは感じました。仕事自体はやりがいがありましたし、沢山の事を学んだので悔いはありません。

そしてもう一つ。

ボクはどうやらブラック企業に縁があるらしいのです。もしくは世の中にはブラック企業しかないのか。

ならば! ボクが知り得る全てのブラック企業の実態を紹介したいと思います!働き方改革も法案が通り、世の中からゾンビ企業やブラック企業というのは、いずれ無くなっていくものなのかもしれません。AIに仕事が奪われるというのもありえますし。

自虐ネタの極み「ブラック企業あるある」。このサイトのテーマである癒しとは程遠いかもしれませんが、見てくれた方々が笑って癒されてくれればと思います。かなり大量にネタがあるので、何回かに分けて紹介していく予定です。

それと日本茶カフェの店員の方ともいろいろ話したのですが、今やインスタというのは無視できない影響力があるそうで、癒しのコツの事を相談してみたら、インスタと連動させてみたらもっと面白くなるのではないか、とアドバイスを頂きました。なので近々インスタグラムをやってみるつもりです。写真は物凄く沢山ありますので、多分一年くらいは更新に困らないと思います。

このサイトを始めて作ってから今まで、いろんな事がありました。ただ一つ言えるのは未来の事を心配してもどうにもならない。その時その時のベストを尽くしていくしかないのだろうな。と思っています。まだまだ頑張ります。

窓の風景その42