癒しのコツ~茶と骨~
骨 茶道のコツ
骨 続・茶道のコツ
骨 続々・茶道のコツ

その四十二、静岡お茶屋紀行~茶空間~

静岡県静岡市葵区若松町81-2
茶空間

茶農家豊好園の社長の次郎さんが「ここなら間違いない」とまで言った、静岡で美味しい日本茶が飲める場所、茶空間。店内写真撮影OKです。今までに幾つか行ってきた日本茶の店の店員の方の中には「茶空間の主人を超えるほどに茶を愛している方はなかなかいない」という声があったほどです。実は今までに何回か訪れていたのですが、休日だったのか入れなかったことが続いていました。なので訪れる前に必ずホームページなどで営業日を確認してから行きましょう。

茶空間では単一農家ではないけれど、産地・品種が同じである日本茶を「ストレートティー」と呼んでいます。シングルオリジンは単一の農家さんが生産している単一品種のお茶ですが、ストレートティーは同じ産地の複数の農家さんが生産している単一品種のお茶になります。
当店では、その2つの大きな違いとして「ごく限られた農家(単一農家)しか生産していない」かどうかで考えています。
シングルオリジン、ストレートティーのほかに「ブレンド」があります。当店のブレンドは、あらゆる産地・製法のお茶からその目的に合った茶葉を厳選し、絶妙なバランスでブレンドしてあります。 シングルオリジン、ストレートティー、ブレンドそれぞれ味や香り、色の違いがあり、その違いを楽しみながら自分好みのお茶と出会う喜び、気分や目的に合わせる楽しみがあります。
和菓子をいただきながら、ゆっくりとお茶を味わう
そんなゆったりとした時間と空間を、お茶は提供してくれます。
茶空間のホームページより。

茶空間のホームページで驚いたのは、その情報量の多さです。どんなサイトや本を見ても、これ以上の知識は得られないのではないか、と思えるほどの充実ぶりです。お茶も静岡だけではなく新潟県村上茶~鹿児島県種子島茶まで数多く取り揃ており実際に茶空間で味わうことも出来ます。茶空間のオンラインショップで買うことも出来ますし、実際に店舗でお茶を買うこともできます。

ホームページだけでこれほど充実しているというのはスゴイ。同じお茶を扱うサイトとしては本当に圧倒されてしまいます。

早速店に入ってみるとします。

犬がいる。まさにお茶犬。

メニューが豊富。どれから頼んだらいいのか分からない。どれも頼みたい。とりあえず期間限定の正月セットを注文しました。

一杯目はお茶が淹れてある状態できましたが、二杯めからは自分で淹れるようです。詳しいお茶の淹れ方は一緒に添えてあるカードに丁寧に書かれていました。

美味い。でもこれだけ豊富なメニューがあるのなら、他にも頼んでみたい。何にしよう。

煎茶を頼んでみました。これも何杯か自分で淹れます。一杯めと二杯めでは風味が変わる。変化も楽しむことが出来ます、素晴らしい。そして最後には茶葉を食べることもできます。茶葉ってじつは食べると美味しいんです。

これは特に美味い!あっさりしていて幾らでも食べれそうだ!この茶葉は今まで食べたどの茶葉よりも美味いかもしれない。

店主と話をさせていただきました。

豊好園の方から、静岡で美味しいお茶を飲めるところとするとどこがありますか?と聞いたところ、「茶空間なら間違いない」と言われてきました。確かに美味かったです。

そうですか。豊好園は凄い茶農家です。自分達が凄いということを自覚していないところもまた凄いですよ。

みたいですね。全然飾った感じも無くて、初めて行ったのに自分にも凄い丁寧に時間を割いて話をしてくれました。静岡で茶空間なら間違いなく美味しいお茶が飲めると教えてくれました。

ここには遠方から来られる方も結構いるんです、皆さん一度来られるとファンになって何度もリピートして来て頂いてます。

他にもいろんな日本茶の店に行ってきたのですが「とにかく茶空間は凄い」という声をよく聞きました。この茶葉とかも凄い食べやすいです。胸やけする感じも全くなく、あっさりしていて幾らでも食べれてしまいそうです。

茶葉にもいろんな向き不向きもあります。温度や淹れ方だけでも味が大きく変わりますよ。ちょっと試してみましょうか。いまから三杯お茶を淹れます。どれも全く同じ茶葉と温度ですが、淹れ方だけを変えてみましょう。

1杯目は普通に淹れます。2杯目は複数回に分けて切るように淹れます。3杯目も複数回に分けて切るように淹れ、最後に急須を回して最後の一滴まで淹れます。どうぞ飲んでみてください。

味が違う!3杯めが一番好きです。味がしっかり出ているように思います。
(茶空間のサイトにはお茶の淹れ方もとても詳しく書かれています)

ウチは3杯めのやり方で日本茶を淹れてます。

お茶の世界は深いですね。

いつの間にか犬がボクの足元に陣取っている。

・・・。
(なんて可愛らしい犬だ)

今いろんな日本茶屋でお話を聞いているのですが、静岡の日本茶が本当に危機だということを知りました。このままではマズイと本当に思います。自分も出来る事をやっていこうと思いますし、静岡茶業界も一丸となって復興を目指すべきなんだと思います。

そう思って動いてくれる人が業界の中にいなければならないんですけれどね。いろいろ力関係が合ってね、そうもいかないんです。

複雑な事情があるみたいですね。ボクはお茶業界とは全く関係ない仕事なので、自由にやっていきます。静岡のお茶は美味しいので、あとはPRの方法だけだと思っています。なので、いろいろと試してみようと思います。あと、ここでは茶葉を買うこともできるわけですか?

買えますよ。そちらに揃えてある茶葉なら用意できます。

凄い丁寧に味の特徴が書かれてますね。豊好園の茶葉もある。

骨雄は極上の茶葉を手に入れた。

今日はありがとうございました。美味しかったですし、とても勉強になりました。

静岡茶の為に頑張ってください。あと犬ですが、お客さんが帰ることを察すると吠えます。

え?

大丈夫ですよ。吠えるだけですから。

じゃあ・・・帰ります。

わんわんわんわん!!!

凄いツンデレ!可愛過ぎる!

元は製茶会社に勤めていたという店主が運営するお茶屋。他のお茶屋からも認められる生粋茶の味わえる日本茶店に辿り着いた日本茶と癒しを巡る旅。趣味で始めた旅の目的が深まって来ているように感じる。まだまだ日本茶の魅力は知られていない。可愛過ぎる犬に後ろ髪を引かれるような思いを感じながら旅は続いていく。

窓の風景その44